岡崎の歯医者 歯科 HOME > 虫歯治療

虫歯治療

虫歯治療

虫歯になるとどうなるか。痛み・症状はどんなものか

虫歯
虫歯は、歯磨きで除去し切れなかった食べカスをエサに増殖した細菌が酸を出し、歯のエナメル質を溶かしていくことから起こります。
初期の段階では、エナメル質はだ液の作用で再石灰化されて修復されますが、歯のケアを怠っていると再石灰化が間に合わずに虫歯が進行します。
虫歯が象牙質まで達すると、冷たいものや熱いものがしみます。また歯の神経にまで進行すると、激しい痛みに襲われます。

初期、中期、後期の対処法

初期の虫歯治療
患者さまの歯の状態から、進行リスクの高い人は治療を行い、最低限の切除を行います。リスクの低い人は経過観察で様子を見ます。
中期の虫歯治療
最低限の歯の切除を行い、歯の機能回復を促します。虫歯の詰め物には再発が少ないレジンや、樹脂のCR(コンポジットレジン)を使用します。
レジンは審美的な治療が出来ますが、より強度が必要な場合はメタルを使用します。また噛み合わせが虫歯に影響している場合は、メタルインレーやメタルクラウンを適材適所で使用します。
後期の虫歯治療
歯を切除する量が中度に比べて多くなるので、メタルインレーやメタルクラウンなどで、型取りして歯に詰めます。
CRは長期的な用途には不安が残るので、重度の場合には使用はお勧めしません。

虫歯治療に対する考え方や方針

セレック
当院では、最新の審美治療システム「セレック」を導入しています。
セラミックを使用した人工歯による虫歯治療は、自然な質感や短い治療期間、長寿命など多くのメリットがあります。
長期的な観点での虫歯治療には、セレックでの治療をお勧めしています。
アクセス


大きな地図で見る

〒444-0038
愛知県岡崎市伝馬通1-9

【受付時間】
9:00〜12:00
14:00〜19:00
休診日 木・日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2014/12/16

【年末年始のお知らせ】
2014年12月29日(月)午後~2015年1月4日(日)を年末年始の休診とさせて頂きます。

皆さまには、何かと御迷惑、並びにご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。
今後とも変わらぬお引き立てを賜りますよう宜しくお願いいたします。

2014/01/24

宮野歯科のホームページをリニューアルしました!
今後とも宜しくお願いいたします。