岡崎の歯医者 歯科 HOME > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病

歯周病とはどんな症状か

歯周病の症状
歯や、歯肉の近い部分に付着した歯垢(プラーク)の中にひそんでいる細菌が、酵素や毒素を発生し、歯の周囲を侵していく病気です。歯ぐきや歯を支えている骨を破壊します。

歯周病は進行がゆっくりしているので自覚症状が少なく、かなり進行しても気付かない人が少なくありません。歯がグラグラしたり、出血したりして初めて気付く場合がほとんどで、歯が抜け落ちてしまうほど重症化する場合もあります。

歯周病と関連する病気、リスク

歯周病は糖尿病、脳梗塞、肺炎、早産、心筋梗塞、動脈硬化などを引き起こすといわれています。
また妊娠中は歯が弱くなってしまうため、妊婦さんは歯周病リスクにご注意ください。

歯周病の治療法

初期のもの
歯周病の治療
歯周病を予防するには、細菌の住み家となっている歯垢を取り除く「定期的な予防措置」が第一です(プラークコントロール)。
歯磨きが十分にできていない場所に悪玉菌が覆いかぶさると、歯石の原因となる「バイオフィルム」が形成されます。歯石になる前に、バイオフィルムを除去することがプラークコントロールのポイントです。バイオフィルムを除去するには、デンタルフロスと歯ブラシを併用して歯垢を取り除くことです。
重度のもの
専門技術を持った衛生士によるスケーリング(歯石除去)を行う他、さらに重度な場合には歯肉を切開して歯の根元を露出させて歯石を除去する歯周外科処置(フラップ手術)を行う場合もあります。

歯周病にならないためには

歯周病の予防
バイオフィルムは、できるまで3~4カ月かかります。ですから数カ月に1回のクリーニングを行うことで、歯周病は大幅に予防することができます。
当院では、歯周病予防大国であるスウェーデン方式の「PMTCクリーニング」を導入。
リスク部位を徹底的に清掃し、歯周病を予防します。
アクセス


大きな地図で見る

〒444-0038
愛知県岡崎市伝馬通1-9

【受付時間】
9:00〜12:00
14:00〜19:00
休診日 木・日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2014/12/16

【年末年始のお知らせ】
2014年12月29日(月)午後~2015年1月4日(日)を年末年始の休診とさせて頂きます。

皆さまには、何かと御迷惑、並びにご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。
今後とも変わらぬお引き立てを賜りますよう宜しくお願いいたします。

2014/01/24

宮野歯科のホームページをリニューアルしました!
今後とも宜しくお願いいたします。